« 11月の新刊 | トップページ | ボーイズラブ布教大作戦 »

2004.11.06

その向こうの向こう側 #2

その向こうの向こう側 2 (2)
渡辺 祥智
マッグガーデン (2004/10/09)
売り上げランキング: 2,292
通常24時間以内に発送

(↑表紙をクリックすると、拡大画像が表示されます)

『銀の勇者』で有名な渡辺祥智さんですが、現在はBLADEに移籍してファンタジー漫画『その向こうの向こう側』を連載しています。銀勇を髣髴させるような、優しくて暖かいファンタジーです。可愛い男の子がたくさん出てくるし、話のあちこちに高河ゆんテイストが交じっていることもあって、まさに私のためにあるような漫画★なんですね。

この漫画の見所は、二葉くんとヴィリッドがいちゃいちゃしているところに尽きるワケですよ。ということで、今回の名場面を2箇所ほど紹介しましょう。

PICT0029-40

1件目。ヴィリッドが二葉にキスしようとするシーン。なんてお約束なのでしょう!!嫌がっている二葉くんに激萌え★ 可愛い男の子同士がじゃれ合うのって、本当にいいですよね。

PICT0030-40

こちらは、二葉が怪我をしたヴィリッドの手当てをしてあげるシーン。前巻から何度と無く繰り返されているシーンであり、この漫画では非常に重要な意味をもちます。
ところで、このシーン、どこかで見覚えありませんか?そうです、『源氏』(高河ゆん;ウィングスコミックス)で、克己が清盛(兄)の手当てをしてあげるシーンに非常によく似ているのです。それ以外にも、双子の兄弟がいたり、初登場シーンが牢屋の中だったりと、清盛(兄)と境遇が似通っているヴィリッドくんであります。

ひょっとしたら『源氏』を真似てるかも知れなくって、そうだとしたら問題なんですけど。。。とりあえずヴィリッドが清盛(兄)と同じような末路を歩まないよう、祈るばかりですね。

|

« 11月の新刊 | トップページ | ボーイズラブ布教大作戦 »

コメント

全然似てないと思いますよw
問題無いと思います。貴方は作品を進めるふりして悪質ですねw
源氏とか、思いきり源氏物語ですよね。
すっごくありきたりというかwそれこそお約束ですねw
…お約束大好きな高河ゆんさんとかマイナーな人の作品と比べられても気持ち悪いですが。
高河ゆんさんのファンの人って被害妄想激しいのでは?
源氏ファン減らしてることに気づいてないのですか?
可愛そうに…
ぶしつけなコメしてすみませんが、こういうブログさらしているのですから、しょうがないと思いますよ。

投稿: なる | 2008.07.26 01:29

その向こうの向こう側と源氏、気になるといえばかなり気になります。

桜とガーディアン、キアラと花。ガーディアンが何なのか説明がないまま中断していますが、ガーディアンを拾うと願いが叶うと清盛は言っていました。花は願いが叶いますね。
源氏とセレン、克己と二葉。よく似ていて間違えられた主人公。
オーリオールと日本国。帰れないかもしれない異世界は、まァ、おいておくとして。
清盛兄弟とヴィリッド兄弟。狂気の人だった兄が、かわっていく。一方、弟が逆に狂気にとりつかれていく。最後に清盛弟が理性を取り戻すかは分かりませんが、描かれている範囲では似ています。主人公との関係も似ていると思いました。

似ていると僕は思いますが、別の話ですし、僕はどちらも好きです。

投稿: かふう | 2009.01.22 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40916/1882687

この記事へのトラックバック一覧です: その向こうの向こう側 #2:

« 11月の新刊 | トップページ | ボーイズラブ布教大作戦 »