« 湯治 | トップページ | 乙女系って何?(今日の日経より) »

2005.06.11

ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻

ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻
若木 未生 夢花 李
集英社 (2005/04/28)
売り上げランキング: 27,819
このページは在庫状況に応じて更新されますので、
購入をお考えの方は定期的にご覧ください。


こちらでもちょっと触れた若木未生の新作です。登場人物は美形が勢ぞろいで、話の内容も私好みってことで大満足の一作!!

今回のお話の主人公は14歳の頼朝くん。雅なことを好む頼朝くん(14歳)が、武士として、また源氏として求められる役割と、平和を愛する気持ちの間で揺れ続ける心の葛藤を描いています。華奢で弱いくせに、弓を握ると急に強くなる美少年の頼朝くん(くどいですが14歳)は、めっちゃイイんですよ~。私のピュアなハートを鷲掴み♪
また、義平&朝長のお兄ちゃんズや、平頼盛、藤原信頼といった主要人物が、 揃いも揃って美少年や美青年ってことで、萌えだけでもお腹いっぱいです。 頼朝くんと、仮面の童子「あきつ」との関係も気になりますね。

この作品の執筆に当たり、作者は当時の文献や最新の史学の研究成果などを相当調べているようで、陰謀や駆け引きの描写が(ライトノベルにしては)非常に迫力がありました。それに、各キャラクターの性格付けが絶妙なため、主役級から脇役にいたるまでキャラクターがみんな魅力的で、登場人物全員を好きになってしまいそう。

あとがきを読むと、この作品が若木未生の「取っておきの作品」であることが伝わってきます。このまま書き続ければ、ものすごく化けるんじゃないかな。この際、他の未完結作品(オーラバとか)なんてどうでもいいから、「ゆめのつるぎ」をシリーズ化して続きをどんどん出して欲しいと思います。

#Cobalt本誌では、平頼盛のエピソードが進行中みたいですね。

|

« 湯治 | トップページ | 乙女系って何?(今日の日経より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻:

« 湯治 | トップページ | 乙女系って何?(今日の日経より) »