2007.07.01

今期のドラマ

お久しぶりです(汗;;;

今年になってから「風林火山」以外はまったくドラマを見ていなかったのですが、今クールは楽しみなのがいくつかあるので、久しぶりにチェックしたいと思います。

花ざかりの君たちへ 火曜日9時から(フジテレビ系列)
10年くらい前に花とゆめで連載していた漫画ですね。懐かしい!!主人公の女子が、男子になりすまして男子校に通う、というような話だったと思います。ドラマ化にあたって追加された副題「イケメン♂パラダイス」が意味不明(^-^;;

探偵学園Q 火曜日10時から(日本テレビ系列)
主役が神木隆之介くん、って以外に見所はありませんが…。お風呂のシーンはあるかな?

山田太郎ものがたり 金曜日10時から(TBS系列)
10年くらい前にASUKAで連載していました。こちらも懐かしいですね。森永あいの作風を実写で再現できるかは微妙なんですけど、とりあえず2~3回は見てみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007.01.07

白虎隊とか風林火山とか

昨日から2夜連続で放映された「白虎隊」のドラマ、前後編ともにしっかり見ました。山ピーや田中聖、さらには栩原楽人(響鬼の明日夢くん)まで出ていて、キャストだけでウハウハですよね。このドラマは、私がいままでよく知らなかった戊辰戦争を扱っており、会津が理不尽なまでに薩長に睨まれた理由や、奥羽越列藩同盟ができた経緯など、大変勉強になりました。松平容保(「かたもり」で変換したら最初に出てきてビックリ!)という人物も非常に興味深いですね。少しずつ勉強していきたいです。
同じ時間に放映していた「瑠璃の島スペシャル2007」も、神木隆之介が主演ということで見たかったんですけど、こちらはほとんど見れなくて残念…。(ときどきチャンネルを変えて、神木くんの姿をしっかり目に焼き付けました!)

本日スタートの大河ドラマ「風林火山」も見ました。武田信虎の時代から始めるんですね。この調子では、ガクちゃん(註:Gacktのこと)扮する上杉謙信の登場まで、半年くらいかかりそうな雰囲気。スピーディーな展開を希望します。
あと、武田の家臣を登場させすぎだと思いました。いきなり10人近く出されても、顔と名前が一致しない…。「功名が辻」では、最初から出てきた信長の重臣が、林・佐久間・丹羽・柴田の4人だけで、すごく分かりやすかったのに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.18

のだめオーケストラ LIVE!

のだめオーケストラ LIVE! のだめオーケストラ LIVE!
(CD2枚組)

演奏:東京交響楽団、のだめオーケストラ、他
販売:ソニー・ミュージックディストリビューション
品番:ESCL-2882
発行年月: 2006年11月
本体価格:3,500円 (税込:3,675円)
(楽天アフィリエイト)


10月から始まったのだめのドラマですが、いよいよ来週で最終回を迎えてしまいます。漫画では絶対に聴くことのできない演奏曲が、ドラマでは見事に再現され、どのシーンもなかなかの感動モノでした。もう終わってしまうなんて残念…。

続きを読む "のだめオーケストラ LIVE!"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.12.10

次は風林火山

今日は「功名が辻」の最終回だったんですね。大河ドラマは土曜の昼に見ることが多く、今日も見ていないのですが、次回作「風林火山」の番宣を見逃したのは、ちょっと残念かも。ガクちゃん(註:Gacktのことね)演じる上杉謙信は映っていなかったみたいですけど…。

「功名が辻」は近年の大河ドラマの中では私的に大ヒットでしたが、来年も楽しみです♪ 戦国時代の中でも、関東地方の動向は一番面白い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.26

ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」

毎週月曜日に放映されている「のだめカンタービレ」のドラマですが、忙しくてなかなか見ることができません…。でも、11/13放映の第5話はちゃんと見れたんですよっ!!この回は本当に盛り上がったので、リアルタイムで視聴できて良かったです(^-^)

この話で千秋くんが弾いていたラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」って、家のどこかにあったような気がしたので、押入れを大捜索したところ…。出てきましたっ!!あるCDの雑多な曲目の中に紛れていました。これまでこの曲に興味を持ったことは無かったのですが、聴きながら千秋くんが淫靡に弾き乱れる様を思い浮かべると、体がゾクゾクしてくるから不思議です(笑)。

こうなってくると、同じ話でSオケが演奏したガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」も聞きたくなってくるワケです。着ぐるみマングースのノリのいい踊り(?)が目に焼きついていて…。で、結局コレをアマゾン1-Clickで注文してしまいました。

#これを買うんなら、頑張ってラフマニノフ探す必要なかった!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.03

大河ドラマ

今年の大河ドラマ「功名が辻」は非常に面白いです。1話も逃すことなく、しっかり見ています。やっぱり戦国時代は大河ドラマの王道!!しかも信長・秀吉・家康ですし。
この三英傑を、下っ端の家来の視点から見ているところが特に新鮮ですね。また、奥方同士の付き合い(寧々と千代とか)に深く切り込んでいる場面も、つい興味深く見入ってしまいます。

キャスティング的には、舘ひろし(信長)の迫力ある演技が素晴らしい限り。やっぱ信長様はこうでなくっちゃ!これまでに、色々な役者が演じる信長を見てきましたけど、今回の舘ひろしバージョンが一番いいんじゃないかと思います。あと、和久井映見(濃)が大事な場面にさりげなく出てきてくれるのも嬉しい。今後は成宮くんが登場するハズなので、これからも目が離せません。

さて、来年の大河ドラマは「風林火山」。こちらも戦国時代の王道ですよね。しかも、上杉謙信を演じるのはGacktらしいですよっ!!(この辺を参照)
うはぁ、これは来年も絶対に見なくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

あいのうた(第9話&最終話)

先週はうっかり見逃してしまったのですが、さとやん先輩に録画を貸していただき、昨日かけ込みで鑑賞。最終話に間に合わせることができました。それにしても、最後の大くんの打席、まさかホームランとは。あの場面は三振だろうとホームランだろうと泣けてきますよね……。

そして今日の最終話は、教会でのシーンが印象深いです。あいちゃんが「お母さん、私を産んでくれてありがとう」と独白していたシーンですね。しんみりしました。ドラマは、片岡さんが死ぬことなく元気なうちに終了しましたけど、個人的にはこれで良かったと思います。

最後に、成宮くん(as 柳沼くん)の後日談、あれでいいんですか~!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

REIRA starring YUNA ITO『ENDLESS STORY』

ENDLESS STORY
ENDLESS STORY
posted with amazlet on 05.12.17
REIRA starring YUNA ITO Dawn Ann Thomas ats- H∧L Saeko Nishio daiki kasho Shinya Saito
ソニーミュージックエンタテインメント (2005/09/07)
売り上げランキング: 94


劇場版NANAで、トラネスのレイラが歌っていた劇中歌。TSUTAYAで借りてきました。この「ENDLESS STORY」って曲は、映画のクライマックス(ハチの地元で、ナナとハチがトラネスのライブを聞く場面)におけるナナの回想シーンでずっと流れ続けていて、今でも凄く印象に残っています。トラネスのライブは、本当に大迫力でしたよ!

ちなみに、レイラとして歌っているのは新人歌手の伊藤由奈さん。中島美嘉と一緒に紅白歌合戦に出場します。WaTに負けるとも劣らぬ大抜擢ガールってことで、ちょっと注目してみましょう。劇場版NANAの次回作では、レイラの登場シーンが増えると思うので、そちらも期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

あいのうた(第7話)

3週連続でリアルタイム鑑賞に成功!今週も良かったです。子供とのほのぼのとした交流が何度も描かれて、それがせつなさを助長していますね。親がもうすぐ死ぬってストーリーは、ちょっと反則に近いかも……。主人公のあいちゃんが、片岡さんと子供達の間でどのように振る舞いながら最後の日を迎えるのか、これからも目が離せません。

な、成宮くんの出番がだんだん少なくなっていく~(汗;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.16

あいのうた(第6話)

今週も22時前に帰宅できたので、2週連続で「あいのうた」をリアルタイムで鑑賞しました。……このドラマはちょっとヤバいかも。後半はかなり「せつなく」なりそうな予感。成宮くんは、このドラマでは完全に脇キャラです。。。

先週はまったく把握できなかった設定や人物相関図ですが、今日でほぼ完璧に理解できたつもり。こういう風に、途中から見ても話が分かるように脚本を書くのって、週1放映のテレビドラマでは必須の技術なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)