2006.01.15

初オペラ

るんるん先輩、いわっく先輩、私の3人で、プラハ国立劇場オペラによる「フィガロの結婚」を鑑賞してきました。私はオペラを見るのが初めてということで、オーケストラによる生演奏も、キャストによる歌と演技も、オペラのストーリーも、何もかもがすごく新鮮で楽しかったです!!

私は、オペラ鑑賞っていうと、ものすごく高貴な趣味というイメージを持っていました。だから、内容は堅くて難しく、眠気をこらえながら鑑賞するものだと思っていたので、ストーリーがフランク(ときどき下世話)で分かりやすかったことには正直ビックリしています。伯爵とケルビーノが同じ椅子の下に隠れてグルグル回るシーンなんて、ドリフのコントを見ているようでした(^-^;;

キャストの歌声はとてつもなく凄かったですね。あれだけ広い音楽ホールに、力強い声をマイクなしで響き渡らせるんですから。主役クラスの独唱は、どれも聞き応え満点でしたよ!!個人的には、ケルビーノと伯爵夫人の歌が気に入っています。

るんるん先輩といわっく先輩もオペラ鑑賞は今日が初めてで、素晴らしい芸術に触れられたことにそれぞれ満足していたようです。もちろん私も大満足!!また別の作品も見に行きたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)