2007.07.22

「ピアノの森」神木隆之介インタビュー

劇場版「ピアノの森」の上映が始まったようですね。私もぜひ観にいきたいと思っています。8月になったら行けるかな…??

ところで、この映画には神木隆之介くんが声優として出演しています。アフレコ風景とインタビュー映像のムービーが下記で公開されているので、世にも珍しい神木くんの声優姿をバッチリ堪能しましょう。

  • Yahoo!動画 キネマ横丁 「ピアノの森」特番 (10月31日で配信終了)

    それにしても、神木くんって相変わらず線が細くてカワイイねぇ~。(*^-^*)

  • | | コメント (0) | トラックバック (2)

    2006.07.29

    kojimaさん帰国祝賀会

    2年あまりのシリコンバレー駐在を終えて、kojimaさんが日本に帰ってきました。ということで、Gun-chanさんと3人で帰国祝賀会です。

    まずは、テアトル新宿で「時をかける少女」を鑑賞。非常に出来が良くて、鑑賞後の議論では「良かった」「綺麗だった」の次の句がなかなか出てきません。結論としては、「乙一だったら、もっと悲惨な終わらせ方するよね~」って感じ(?)でしょうか。やっぱり細田守はイイね!!

    映画鑑賞の後は、秋葉原に移動して、久しぶりに「cure maid cafe」でマッタリしてきました。ここはメイド喫茶の老舗だけあって接客がシンプルで、新興勢力にありがちな鬱陶しい接客をしないのがいいですね。そういえば、メイドさんが2人でバイオリンの二重奏をしていました。cure maidでイベントに鉢合わせたのは初めてです。

    最後は末広町のジョナサンで締め。最初の一杯が野菜ジュースなのがいつもどおりなら、カフェラテのスチームミルクが飛び散るのもいつもどおりでした。ここで、kojimaさんからお土産のぼく地球DVDを受領。見るのが楽しみ~。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006.05.27

    桜塚やっくん

    今頃になって、エンタの神様を見るようになりました。口先だけのコントが多くて、あまり面白くない芸人さんがほとんどなのですが、桜塚やっくん(スケバン恐子の人)の芸風はいいですね。観客に何かをしゃべらせて、臨機応変にツッコミを入れていく芸風には、凄く感心させられることがあります。客の反応を読んだ事前の仕込みが当たっていたときなどは、心の中で拍手喝さいしていますから。ここまでくると、もはやお笑いの楽しみ方ではありませんが…。

    ところで、桜塚やっくんについてネットで調べていたら、意外な事実が判明しました。この人、アニメ声優もやっていたんですね。有名どころでは「満月を探して」のタクトとか。斎藤恭央という名前で出演しています。あばれヌンチャク(写真右側が斎藤恭央=現在の桜塚やっくん)というお笑いコンビをやっていた頃の話みたい。

    私、フルムーンではタクちゃん好きだったんですよね~。こんな意外なつながりもあって、ますます桜塚やっくんの贔屓になりそうです。

    | | コメント (0) | トラックバック (2)

    2006.04.06

    NANA[15]とか

    NANAのアニメは今夜スタートでしたね。うっかり見逃してしまいました。もっとも、実写の劇場版に比べたら、アニメはそんなに期待していないので、まぁいいかって感じです。来週以降も気付いたら見るスタンスで。

    それはそうと、原作の方は大変なことになっています。最新刊(15巻)のラストにはビックリしました。改めて読み返してみると、ヤスやシンの恋物語もまとめモードに入っていましたし、いよいよ次で完結なんですかね。コミックスの帯によると、15巻の続きは「Cookie6月号」(4/26発売)で読めるらしいので、久しぶりに立ち読みしようかと思ってます。ずっと語られ続けてきたハチのモノローグの意味が、そろそろ明らかになるかも知れません。

    NANA (15)
    NANA (15)
    posted with amazlet on 06.04.06
    矢沢 あい
    集英社 (2006/03/15)

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2005.12.31

    紅白歌合戦

    今年はだいたい全部見ました。気になる人物やグループが、見事に散らばって出演していたので。だけど、ほとんど見ていた割には、紅白どちらが勝ったかは知らなかったり(汗;;;; とりあえず、腰痛を押して司会をこなしたみのさん、大変お疲れさまでした~。手術がんばってください!

    以下、気になる人物とグループについて思ったことを述べます。

    続きを読む "紅白歌合戦"

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2005.11.12

    機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち

    Gun-chanさんおよびTITIKINさんと連れ立って、川崎チネチッタで「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を鑑賞。5ヶ月前に同一メンバー・同一場所でⅠを鑑賞して以来のZガンダムです。(ref. 2005.06.05::機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

    今回も使い回しとリメイクが大半だったハズだったのですが、ほとんどのシーンが記憶に残っていないのはどういうことでしょう?ていうか、フォウの扱いが酷すぎです。もっと出番を増やして欲しかった……。ストーリーはハマーンさまの登場シーンまで進みました。次回作のⅢで完結します。

    ちなみに、Gacktによるエンディングテーマも既存の曲の使い回し。知らないからって「新曲」なんて言わないでください~(汗 >Gun-chanさん&TITIKINさん

    ……何だかんだ言ってⅡまで観てしまいましたね。きっと5ヶ月くらいしたら、また同一メンバー・同一場所でⅢを鑑賞していると思います。

    ---------------
    記入日:2005年11月14日(月)

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2005.09.03

    響鬼(劇場版)の舞台挨拶

    劇場版仮面ライダー響鬼の舞台挨拶に行ってきました。舞台挨拶の整理券は、一昨日にヤフオクで落札し、昨日速達で受け取ったものです。ありえないくらいギリギリでやってられませんが、ネットバンキングを使えば不可能ではないですね。ネットオークションのやりとりで一番時間がかかるのは入金確認ですから。

    で、肝心の舞台挨拶ですが、映画上映後に行われたこともあって会場は大いに盛り上がりました!! 俳優さんもこの日3会場目の挨拶ということで、遊び心満点のトークをしてくれました。非常に楽しかったです。

    (映画の感想については、こちらをご覧ください。)

    続きを読む "響鬼(劇場版)の舞台挨拶"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    劇場版 マジレンジャー&響鬼

    丸の内TOEIにて、公開初日の初回を見てきました~。私が朝イチから見に行くなんて相当珍しいことなんですけど、響鬼の舞台挨拶つきとなれば、それは見に行くってものでしょう。舞台挨拶については別にエントリを設けることにして、以下では映画の感想を述べたいと思います。

    続きを読む "劇場版 マジレンジャー&響鬼"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005.08.13

    仮面ライダー響鬼 第二十六之巻 「刻まれる日々」

    今さらですが、前回(8/7放映分)の響鬼の感想をアップしておきます。何気にこの回は良かったんですよね~。

    番組の冒頭からヒビキさんと明日夢くんが芝生の公園でデート。う、う、羨ましい~!!!明日夢くんがクッションをたたき、ヒビキさんが「カエルの歌」に意味不明な歌詞を付けて歌う……。屋久島へ向かう船上での運命の出会いを思い出します。

    たちばなでのバイトは、明日夢&あきらという珍しいコンビ。イブキくんに言わせると「明日夢くんは可愛い弟」となるみたいで、ひょっとして明日夢くんとあきらくんをくっ付けたがっているのでしょうか!? でも、私がこれまで何度も主張しているように、ヒビキ&明日夢とイブキ&あきらは譲れないんですよ~;;;

    どうでもいいけど、たちばなの衣装を着て上目遣いで火打石をカチカチ鳴らす明日夢くんは、殺人的に可愛いっ♪

    そして、最近まるで登場しないにもかかわらず、どんどん存在感が増してくるザンキさんは何者なのでしょうか?

    「トドロキくんはザンキさんが大好きだから」
    「ヒナカも公認か!?」

    ……ああ、ついに番組公認カップリングになってしまいましたね、トドロキ×ザンキ。(逆?)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2005.07.24

    仮面ライダー響鬼 第二十五之巻 「走る紺碧」

    今日の響鬼は、夏休み恒例の水着大作戦でした。だけど、女性キャストの色気に頼らず、むしろ男性キャストの色気に頼っていたあたりが、響鬼の響鬼たる所以でしょうか!?

    個人的には、ノースリーブの上着を羽織った明日夢くんがツボでした(*^-^*) イブキくんの重ね着もよかったですね。そして、カスミさんに「私はお邪魔?」と言わせてしまうヒビキ×イブキのコンビに悶えてみたり(汗;;;

    いや、自分的にはヒビキ×明日夢とイブキ×あきらは、それぞれ譲れないんですけど。。。

    「カッコよくないイブキさんは、イブキさんじゃない」

    あきらくんは良いこと言いますね~。私も激しく共感します。やっぱりイブキ×あきらは萌えでなく燃え。

    それはそうと、一番水着が似合いそうなザンキさんが登場せず、トドロキくんが可哀想でした。ザンキさんってば、もう1ヶ月くらい出てないですよ?劇場版で北海道のご当地ライダーやるのに忙しいんですかね。

    ……うーん。サバキさんとかツトムくんとか、今日は気になるキャラがたくさん登場したんですけど、やっぱり私の興味は登場人物の関係性の方にいってしまいがち。そんなこんなで、来週の響鬼はお休みです。


    今日のヒビキさん
    ・ついにバイクに乗れるようになりました。ちゃんと止まれた!
    ・最後の河童声は……。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    より以前の記事一覧