2006.08.01

マリア様がみてる イラストコレクション

マリア様がみてる―イラストコレクション
今野 緒雪 ひびき 玲音
集英社 (2006/07)


待望のマリみてイラスト集が発売されました~!!
コバルト文庫の表紙イラストに加えて、コバルト本誌やドラマCD、アニメDVDのジャケットなどに描かれたカラーイラストが軒並み掲載されています。イラストにはひびき玲音のコメントが付いており、1枚1枚のイラストに親近感が湧いてくるのが嬉しいですね。コバルト本誌にちょくちょく掲載されていたショートコミックも入ってます。

こうやって眺めていると、やっぱりひびき玲音っていいですね~。「今野緒雪のお気に入りイラスト」にも選ばれていますが、聖さまが祐巳ちゃんに抱きついているカットは、私にとって非常に印象的な一枚です。(もちろん、今野先生の素敵な原作があってこそ、なんですけどね。)

マリみてファンで、ひびき玲音の挿絵が嫌いでなかったら、買っておいて損はありません。私にとっては永久保存版です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

マリア様がみてる 仮面のアクトレス

マリア様がみてる (仮面のアクトレス)
今野 緒雪
集英社 (2006/06/30)


生徒会長選挙の回。また引き伸ばすのかな~、と思ったら、あっさり1冊で決着が付きました。今回の選挙戦でも、謎の行動を繰り返す瞳子ですが、山百合会の面々が瞳子の気持ちをだんだん理解してきたみたいです。もうすぐ、祐巳と瞳子の関係に決着が付くでしょうか? 祐巳の一途な気持ちが瞳子に届くといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

博士の愛した数式

博士の愛した数式
博士の愛した数式
posted with amazlet on 06.01.30
小川 洋子
新潮社 (2005/11/26)


整数の美しさを通じて惹かれあう博士と家政婦の物語。恋愛とはちょっと違うけど、深くて切ない親愛の情がストーリーをやさしく包んでいます。

この物語の根幹は、数の美しさを理屈ぬきでとことん追求する博士の一途さに他なりません。主人公の家政婦も、その息子のルートも、博士の一途さに惹かれて、博士を喜ばせようとあれこれ画策するワケですから。むかし数学者になりたいと思っていた私にとっても、博士のような数学者は憧れの対象です。

学部生の頃、私は数学の様々な分野を勉強しましたけど、中でも整数論の難しさは群を抜いていました。今にして思うと、論理展開が難しいなんてレベルの話ではなく、根本的な何かが私には「見えて」いなかったんですね。数学は論理の上で厳密に構成される学問とはいえ、数学者にとって論理はあまり重要でなく、本質が「見える」かどうかが一番重要なのだと思います。(だから、数学の世界では、定理を証明した人より、定理を予想した人の方が遥かに有名だったりする)

この小説の執筆前に、著者の小川洋子さんは数学者の藤原正彦先生を取材したとのことです。博士のキャラクターの一部は、藤原先生がモデルになっていると考えていいかと。そんな小川さんと藤原先生による対談が、別の本として出版されています。

世にも美しい数学入門
藤原 正彦 小川 洋子
筑摩書房 (2005/04/06)
売り上げランキング: 1,937

実は、私はこちらを先に読んでしまいました(汗)。小説執筆時の裏話なんかも書かれていて面白いです。また、小説に登場した数や数式に関する詳しい説明もありますので、物語の世界をより深く知りたい方は読んでみるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

マリア様がみてる 未来の白地図

マリア様がみてる (未来の白地図)
今野 緒雪
集英社 (2005/12/22)


帰省中に読破。いよいよ、祐巳と由乃の妹選びが佳境となってきました。祐巳の場合も由乃の場合も、誰が妹になるかはそれぞれ既定路線になっているので(たぶん)、あとはロザリオ授受までのエピソードをどう描くかに興味が集中するワケですが……。

(以下、たいしたこと書いてないですけど、念のためネタバレ反転)

続きを読む "マリア様がみてる 未来の白地図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

12月の新刊

お久しぶりの購入予定リスト。毎年のことながら、12月は買うものが多いですね~。読みきれるかどうか心配(汗;;;

#本エントリは、12月1日の6:00AMに自動的にポストされます。

-----

続きを読む "12月の新刊"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.16

薔薇のミルフィーユ

マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ
今野 緒雪 ひびき 玲音
集英社 (2005/07/01)
売り上げランキング: 61

薔薇のミルフィーユを読了。紅白黄の姉妹で各1話ずつ、計3話のオムニバス形式で構成されています。私は白薔薇派ということで、やっぱり「白薔薇の物思い」がイチオシですね。

続きを読む "薔薇のミルフィーユ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

7月の新刊

購入予定の新刊です。
#このエントリは、7/1の午前0:00に自動的にポストされます。

続きを読む "7月の新刊"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.11

ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻

ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻
若木 未生 夢花 李
集英社 (2005/04/28)
売り上げランキング: 27,819
このページは在庫状況に応じて更新されますので、
購入をお考えの方は定期的にご覧ください。


こちらでもちょっと触れた若木未生の新作です。登場人物は美形が勢ぞろいで、話の内容も私好みってことで大満足の一作!!

続きを読む "ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

6月の新刊

今月の購入予定。

-----
◆漫画
01 ビューティーポップ (4) あらいきよこ
03 GO AHEAD (1) 樋口大輔
13 パパのさがしもの (3) 小沢真理
15 リボン RE-BORN 榎本ナリコ
17 ボクを包む月の光 「ぼく地球」次世代編 (1) 日渡早紀
25 交響詩篇エウレカセブン (1) DVD付限定版 片岡人生
30 少女少年~GO!GO!ICHIGO やぶうち優
下 天使祝詞(3) くさなぎ俊祈

◆小説
27 王朝月下繚乱ロマンセ 王朝ロマンセ外伝(2) 秋月こお
-----

続きを読む "6月の新刊"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.28

オーラバスター・インテグラル(メロディ7月号)

メロディ7月号にて、杜真琴が久々にオーラバの漫画を描いています!オーラバといっても、コバルト文庫の「ハイスクール・オーラバスター」シリーズではなく、徳間デュアル文庫の「オーラバスター・インテグラル」の方ですが‥‥‥。杜真琴&若木未生のコラボレーションが復活して、本当に嬉しい限りです。やっぱり、オーラバは杜真琴の方がしっくりくるなぁ。

続きを読む "オーラバスター・インテグラル(メロディ7月号)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)